メニューのご案内

実は理想的!ヘルシーな羊肉の栄養価値

    羊肉の栄養価値がほかの食肉と比べて非常に優れていることをご存じですか?
    日本人にとっては豚肉や牛肉ほど身近ではありませんが、食材としての利点が多く、羊肉は近年日本で見直されています。羊肉について簡単にご紹介致します。

  • 健康とダイエットに効果的なカルニチンが豊富

  • 肉類のタンパク質に含まれるカルニチンはアミノ酸の一種で、摂取すると細胞内の脂肪を燃やす効果があり、コレステロールを下げる働きがあります。 羊肉は食肉の中で最も多くカルニチンを含み、牛や豚に比べると3010倍にもなります。
    肉を食べながらダイエットができる!現在ダイエット業界ではカルニチンの痩せる効果が注目されています。

  • 豊富なミネラル成分

  • 羊肉には吸収されやすい鉄分が豊富に含まれており、特に鉄分不足で美肌の大敵貧血などに悩む方にとって強い味方です。
    羊肉は、他の食品では不足しがちな免疫組織の強化に大きな役割を果たす亜鉛を多く摂取できるのも特徴となっています。

  • 高タンパク低コレステロール

  • 羊肉のコレステロール含有量は魚と同程度で、牛肉や豚肉と比べるとかなり低いです。 また、コレステロール値を下げ、動脈硬化・血栓ができるのを抑える不飽和脂肪酸も、羊には豊富に含まれています。 羊肉は牛乳並みの高タンパクで、タンパク質を構成するすべての必須アミノ酸を、バランスよく供給してくれます。 米や豆類も重要なタンパク源ですが、羊肉のタンパク質含有量はそれらを大きく上回ります。

  • 吸収されにくい脂肪

  • 羊肉の脂肪は牛肉や豚肉に比べて融点が高く(44℃)、体内に入っても吸収されにくという特徴があります。 一方でそのほかの栄養素はそのまま消化・吸収されます。
    因みに牛肉の融点40℃、豚肉30℃、鶏肉28℃です。

  • 健康を維持する豊富なビタミンB群

  • 鉄分と同様に不足すると貧血の原因となるビタミンB12をはじめ、疲れを取ってくれるビタミンB1、皮膚を美しく保ち老化防止になるビタミンB2などを豊富に含みます。

    このように、羊肉はさまざまな側面から私たちの健康をサポートしてくれる ヘルシーな食材です。

  • 弊店ではミネラル豊富なモンゴル産天然岩塩で味付けした羊肉料理をご提供しております。


便利なQRコード

ページトップへ戻る